人生

良い恋をするコツについて

誰もがステキな恋愛をしたいと考えていると思いますが、どうしても恋愛がうまくいかないという人たちも少なくないはずです。そこで、どうすれば良い恋愛ができるかというコツですが、見極め力をつけることも大切になります。顔だけではなく、その人の中身はもちろん、裏表が激しくないか、付き合って楽しくやっていけそうかなど、総合的なことを考えていくことが必要です。顔が良いから付き合いたい、一目惚れしたというだけで恋愛するのも悪くありませんが、その人がどのような人なのかよく見分けることも重要になります。

 

ボランティア精神のある人や、人によって対応を変えない、細かいことにうるさくないなど、付き合ってもストレスが溜まりにくいような方であれば、良い恋愛ができる可能性が高いでしょう。その反対の方であれば、良い恋愛ができる可能性が低くなります。恋愛で見極め力をつけることで、ステキな恋愛ができるようになれるでしょう。良い恋愛をするコツはその人と付き合うことで自分にプラスとなるか、ストレスが溜まらないかも大事です。

男性は特に積極的になる必要がある

自分が男性なのか女性なのか、それによって恋愛に対する取り組み方というのは変わってきます。女性の場合は受け身であったとしても問題ない事が多いですが、男性の場合はそうも言っていられない現実が存在しています。積極的にならなくてはいけないというのは、世界中どこであったとしても変わることは無いでしょう。自分から声を掛けていく必要があるため勇気がいりますけど、こればかりは頑張っていただきたいとしか言いようがありません。

 

残念ながら成功する保証というのはありません。それがあれば皆んな心配する必要もなくトライしているでしょう。現実的には断られる可能性が高いと言わざるを得ません。余程魅力的であれば成功の確率が高いですけど、そこまで恵まれているという男性は少ないはずです。大切なのは何度も失敗を繰り返している内に、成功に近づくことができるという事です。失敗を恐れない様にしてください。継続は力なりという言葉を忘れない様にしましょう。

 

経験を積むことを意識しなくてはいけない

最初から恋愛が上手な人は殆ど存在していません。誰もが最初は初心者の状態から始めるという事を理解しておいた方がいいです。自分はそういうのが苦手なタイプだなんて決め付けてしまっている様ではいけません。何事もやってみなければ分かりません。そういう事を言って出会いそのものを避けていれば経験を積むことができませんから、苦手なままになってしまいます。下手でもいいのでとりあえず関係を持つようにするという方向で頑張ってみてください。

 

何とか交際する事ができたら、その後は関係を維持していくようにしましょう。これをやってはいけないという事の代表的な物としてケンカが挙げられます。よく、ケンカするほど仲がいいなんていう人もいますけど、これは完全に間違いなので気をつける様にしてください。。できるだけその状況にならない様に対策しておいてください。女性の場合は体調によってイライラしやすい日もありますので、そういった事を知識として入手しておくだけでも違ってきます。

恋愛のコツに関して

なかなか出会いが見つからない、異性と出会えないという人たちも少なくないでしょう。そのような人は恋愛経験の多い方より行動力がなかったり、積極的に動いていないのかもしれません。有名人や美男美女でない限り、相手の方からどんどんアプローチをしてくれるということはありません。そのために、出会いの場を自分から見つけていく必要があります。趣味を通してでも良いですし、勤務先や合コン、他の人からの紹介でも良いです。とにかく交流を増やして異性との出会いのきっかけを作ることが大切になります。

 

そこまでイケメンや美女でなくても、積極的な人や行動力のある人というのはモテる傾向にあり、恋人ができるチャンスが高いです。なので、自分から人の多く集まる場所に出向いたり、異性と交流していればパートナーを見つけられる可能性が大いにあります。コミュニケーション能力が高い人であれば、なおさらモテます。これまで出会いが全然なかったという人は、自分から積極的に動いていなかっただけかもしれません。これからは自分から行動を起こし、出会いを探してください。出会い系サイトや相席やなどを使うのも一つの手だと思います。参考サイト:出会い系将軍 | 出会い系サイトを徹底比較!

話すより聞くほうが難しい

男性側からのコツとしては「女性の話はとにかく聞く」というもので、頭ではわかっていてもなかなか難しいんですよね。

 

まず男性と女性では会話に対する考えが違って、男性の場合は会話=議論であり、答えを求める傾向にあります。女性の場合は会話=仲良くなるための手段で、答えがいらないんですよね。

 

会話があったら男性はオチや結論を付けるのですが、女性はそれがないため男性にとっては苦痛に感じるときがあります。付き合う前の片思いの時期や付き合いはじめはトキメキがあるので話を聞いていられるのですが、徐々に慣れてトキメキがなくなっていくと結論のない話を聞くのが億劫になります、女性はそこに気づくのも鋭い。そして会話量が減ってくると女性は突然爆発したりもします。

 

そのため少々苦痛でも女性の話を聞くというのは大事で、細やかな感情に共感してあげたり、些細な変化に気づいてあげたりすることが恋愛が上手く行くコツだと考えます。口は一つ、耳は二つで話すことより聞くことが重要だと昔の方は言っているのですが、いつの時代も話を聞くことが物事をうまく進めるコツだと思いますね。

相手の好きなことに興味を持って合わせることが恋愛のコツ

恋愛のコツとして覚えておいたほうが良いのは、相手の好きなことに合わせる努力をすることです。

 

相手の好きなことに合わせる努力をすれば、好きなことを介して互いに共感できます。共感できれば、それだけ恋愛感情が自然と深まるのはいうまでもありません。もしも相手の好きなことに合わせることなくいつまでも我が道を行こうとしたら、一緒に会話や行動をしていてもなかなか共感できません。共感できないと必然的にすれ違いが多くなってしまいますから、恋愛はあまり進展しないはずです。それでは恋愛がスムーズにいきませんから、相手の好きなことに合わせる努力をすることはとても大事です。

 

相手の好きな音楽を聴いてみる、好きな本を読んでみる、好きなスポーツを始めてみるなど、何でも構いません。たとえそれまで自分が興味を持っていなかったことでも、まず合わせる努力をすることが恋愛のコツです。その努力をしていけば会話がはずみやすくなりますので、自ずと恋愛もしやすくなります。

ガツガツし過ぎないことが恋愛のコツ

男性の私が心がけている恋愛のコツとは「ガツガツし過ぎないこと」です。

 

恋愛では好きな相手に対してある程度アグレッシブにアプローチをしなければいけませんが、その度が過ぎると遠ざけられてしまいます。相手のことをまったく思いやっていない、独りよがりの恋愛になってしまいかねません。そのような事態を防ぐためには、ガツガツし過ぎることなく心地良い距離感を保ちながらアプローチすることが大切です。

 

また、付き合ってからもそれは同様で、好きな気持ちをあまりオープンにし過ぎて相手を束縛してはいけません。束縛したら相手はそれをどうしても窮屈に感じてしまいますので、恋愛を楽しむことができなくなってしまいます。恋愛は、何より楽しくないと幸せに感じられません。ですから、相手が楽しめるような付き合い方を心がければいけないです。

 

好きな気持ちを上手にコントロールするのは簡単ではありませんが、それでもガツガツし過ぎないことが恋愛のコツです。

私の恋愛のパターン

今回は、私の恋愛のパターンについてお話したいと思います。

 

自分自身の今までの恋愛についてふと考えてみると、一つのパターンがあることに気がつきました。
それは、いつも告白されていい人だなあと思って付き合い始めます。
実は、この時点では、まだ相手のことが好きなのかまだわかっていないんです。

 

でも、いい人だし、告白してくれたことも嬉しいので付き合おう、といった感じです。
そこから、相手のことを知っていくうちに次第に惹かれていって、いつの間にか彼にメロメロになってしまうんです。
彼が大好きだから、彼に結構尽くしてしまうので、いつも自分でこれ以上やったらダメだと自分自身に言い聞かせ、なんとか尽くし過ぎないように気をつけています。
そうやって、バランスをうまくとるように心掛けていますが、なかなか自制がきかない時もたまにあります。

 

また、彼が大好きでちょっとしたことで嫉妬深くもなってしまいます。
しかし、それを悟られたくないので、一生懸命自分自身の気持ちを抑えるので、彼からはなんだかよそよそしく見えてしまうようです。

 

こんな感じで、最初はあまり燃え上がらず、後からすごく燃え上がるタイプなので、たまに自分でも苦しくなることもありますが、相手のことを大好きになれるのは幸せなことだなあと思います。

遠距離恋愛の彼と元カレとの、二重恋愛の末残った罪悪感

私は北陸の方の営業所に一時的に働きに行っている彼氏と付き合っている間、罪悪感に苛まれながらも元カレとの関係をずっと解消できずにしばらく過ごしていました。

 

どうしてそんな不誠実なことをしていたかと言うと、本命の彼氏(北陸の方)が優しい上にイケメンな男性で、気だけは強くて、仕事はできても女子力の低い私といつまで付き合ってくれるか不安が大きかったからです。

 

本命の彼氏は同じ会社で、同期で、帰る方向が同じだったから私と付き合ってくれただけなんだと今でもそう思っています。
元カレが本命の彼氏に比べてだめな男性だったとか、決してそういう訳ではないんです。

 

ただただ、私が遠距離で本命の彼氏と離れている不安感を、元カレで解消しようとしていたんです。
未だに本命の彼氏はこのことを知りません。本当に大好きで大好きで、絶対に嫌われたくないから知られたくありません。

 

でも元カレへの別れ方も、自分がすっきりしたいからって一方的にLINEで別れを告げてしまったので、このままじゃ、私は本当の意味では幸せでいられない気がします。
会ってくれるか、分かりませんが、この夏元カレにあって、きちんと話をしてこようと思います。

恋愛生活における周りの環境がもたらす良い側面

私が出会った恋人(彼女)は、大学時代にアルバイト先で意気投合したお相手だったのですが、お互いに違った大学へ通いながらのシフト勤務であったため、普段はLINEや音声電話等で連絡を取り合っていても、実際に顔を合わせる機会が勤務シフトが重なった時やテスト期間を除いた都合の良い時ぐらいしか、会うことができませんでした。

 

それでも、極力プライベートにおいて、会う機会を設けるようにして、交流を深めました。バイト先や大学が京都市内であったことから、観光地としても名高いお寺巡りや知る人ぞ知る日本情緒あふれるカフェ等をデート場所として、「ここのお店知ってる?」「初めて〜。」といったような、たわいもない話で盛り上がり、お互い京都自慢をネタにしたお店巡りをよくした覚えがあります。

 

京都府外へ足を伸ばすことはほとんどなかったのですが、京都という町並み自体が住んでいても、観光する上で飽きることなく、恋人との絆を深める場所としても、大変落ち着いていたので、周辺環境がいかに大切かをデートを始めとした恋愛において実感しました。